夢と魔法のメロディー

ディズニーの思い出は、いつも音楽とともに。

ディズニーのショー・パレードの魅力を語りたい。

ディズニーといえば、みなさんが思い浮かべるものは何でしょう。

ディズニー映画、ディズニーキャラクター、東京ディズニーリゾート…。
多くの人がこれらのディズニーコンテンツを楽しんだことがある、またはこれらによって心動かされたことがあると思います。

私もその中の一人。
ディズニー好きの母親によって、物心つく前からディズニー作品であやされ、年パスを買ってもらってパークへ連れて行ってもらい、気づいた頃にはいつの間にか大のディズニー好きに育っていました。

そんな私がなぜこの度はてなブログをはじめようと思ったのか、今回は私自身のことについて紹介しようと思います!


私のディズニーヒストリー

昔のアルバムを開いて調べてみました。私の初ディズニーランドは、0歳。
ページをめくってもめくってもディズニー。たまに水族館や旅行先の写真。家でビデオを見ている写真、テレビ画面にはプーさん。

弟が生まれてからは、家族で年パスを買ってパークへ通う日々。
小学校が早く終わる日に父親が私の小学校と弟の幼稚園に車で迎えに来て、ランドセルとリュックサックを車内で背負い替えて舞浜へ。
中学受験の直前期にも、小学校の担任に「ディズニーへ行った方が調子が出るんじゃない。」と言われて勉強を休んで舞浜へ。
こうやって文字にしてみると、なかなかクレイジー。完全に、今だから言える話ですね…。

思い返すと、私のディズニー黄金期は、小学生だった1999~2004年あたりだったと思います。

中学校に進学してからは、勉強に部活に課外活動に忙しかったうえに、家族より友達と出かける方が楽しくなり、家族と一緒にディズニー映画を見ることも、パークへ出かけることもあまりしなくなりました。
年に1.2回友達とパークへ行きましたが、その当時は「開園から閉園までの間にいかに効率よく園内を回れるか、そしていくつのアトラクションを制覇できるか」にこだわっていました。いわゆる「アトラク派」というやつですね。

高校生になると、ジャ〇ーズにはまったり、大学受験の勉強をしたり…。この頃が一番パークから遠ざかっていました。
大学生になってからは、またサークルの友人や家族とパークへ出かけるようになりましたが、まだまだ「アトラク派」。
それでも、音楽系の部活やサークルで、演奏する曲にディズニーを選曲して自分でアレンジするなど、ディズニーにはたくさんお世話になりました。
あ、でもクリスマスの時期だけは違いました。ディズニーランドのクリスマスは中高生の時も変わらず大好きでした。

そして、就職。これはあとで詳しく書くのですが、突然パークへ行きたくなる出来事がありました。
平日休みなこともあり、休日を持て余した私は思い立って、初「ひとりディズニー」に挑戦しました。

結果。ナニコレ超タノシイ。

そのときは社会人2年目。2016年ハロウィンでした。
小学生ぶりにちゃんと場所取りをして、ショーやパレードを見て、一気にまたパーク沼に戻ってきました。
勢いに任せて、その次の週に年パスと一眼カメラを購入。母親も年パスを購入し、ときには休みを合わせて一緒にパークへ。
そこから1年半。週1でパークへ通う日々が続いています。

大人になって芽生えた「後悔」

ショー・パレードをもっとちゃんと見て、聴いておけばよかった。

「アトラク派」だった学生時代、ショーやパレードの時間は一番アトラクションが空く、絶好の乗り放題タイム。
音楽を何となく耳に入れながらも、ちらっと見ただけで素通りしていました。

前項で書いた、社会人になって突然パーク熱が再燃した出来事というのは、CMでディズニーの音楽を聴いた時のことです。
単に「パークへ行きたい」というだけではない、何か心の奥底をつつかれるような、懐かしいような、切ないような気持ちになったのです。
そのまま、よ〇つべで入園ゲートで流れている音楽や、大好きなクリスマスのパレードの音源を聴いていると、これまでの楽しい思い出が蘇ってきて、パークへ行きたい衝動が抑えられなくなりました。

小学生ぶりに年パスを買ってからは、園内でもショーやパレードを見て、自宅でも購入したCDやDVDでひたすら過去のショーやパレードを見あさりました。
実際に見たことのあるショーは泣きたくなるくらい懐かしくてわくわくして、何となく聴いたことのある曲はその当時の思い出が蘇りました。
今思うと、この感情こそ「エモい」ってやつなんじゃないかと。「過去のショーパレ」と書いて、「エモい」と読む。


そこからは、毎シーズン全てのショーパレを欠かさず見ています。通勤時には過去のショーパレ音源を聴いています。
もちろん友達とアトラクションに乗って遊んだ思い出もとても大切でかけがえのないものです。
でもわがままを言うと、「爽涼鼓舞」「jubilation!」「Be magical!」の3つのショーパレは、もっとちゃんと見ておけばよかった!!

このブログに書きたいこと

ハマってしまうと猪突猛進型の私は、ここ2年くらいJPOPそっちのけでディズニー音楽ばかり聴いています。

家族や友人には語りすぎてもはやうざがられるくらい語っていますが、もっと多くの人に向けてディズニーのショーパレの「エモさ」について語りたい!
そして、自分でも感じたことをまとめて、記録しておきたい!

というわけで、このブログでは現在のパーク・過去のパークのショーパレの魅力を語ります。
気まぐれで他のディズニー事・カメラで撮った写真なども載せるかもしれません。
「アトラク派」の人も、「ショーパレ派」の先輩方も、温かい目で見守っていただけると幸いです。
これからよろしくお願いします!

やっこ